品川近視クリニックのアフターケア

品川近視クリニックでは、施術を受けた患者のアフターケアも責任をもって行っています。 レーシックは、ただ手術を受けるだけでいいというものではなく、施術後のケアが非常に大切です。施術後は翌日・1週間後と術後の経過を確認し、3ヶ月後に定期検診を受けます。

眼をぶつけたなどの外傷の場合

術後、安定しない時期に強く目をぶつけるなどすると、極稀にフラップがずれてしまう場合があります。その際も早期に治療を行うことにより、問題なく視力を回復することが可能です。 但し、医師の知識とともに一定の技量を要しますので、早期の受診が必要です。

結膜炎などの眼の病気になった場合

レーシック以外の理由において、術後に結膜炎などの眼の病気になってしまったという場合でも、まずは品川近視クリニックへ相談して下さい。近くの病院で受診されても大丈夫ですが、その際は、必ずレーシックの施術を受けたことを伝えてください。

眼が見えにくくなった場合

万が一、術後に見えにくくなってしまった等、視力などに関して気になる事があったら、症状に応じて適切な処置を行ってもらえます。 術後、時間の経過とともに視力が低下してしまったという場合でも、診断の結果、角膜の形状が正常で安全なだけの厚みが残っており、医師が追加矯正を必要と判断した場合、保証期間内なら1回目は無料で追加矯正を行う事ができます。

安全性

レーシックの術後はしばらくの間、角膜の抵抗力が普段より落ちた状態になります。品川近視クリニックでは必ず医師より説明をした上で点眼薬などが処方されます。 また、保護用のメガネやケア用品も無料で使用できます。(当院では薬代・メガネ代など無料です)

保証制度

品川近視クリニックでは、患者が安心して施術を受けられるように保証期間を設けています。

年中無休

術後に何か心配な事がある場合や、眼に強い衝撃等を受けてしまった場合でも、品川近視クリニックは年中無休で開院しており、眼科専門医が常勤しています、すぐに対応する事が可能です。